2000-02-17 22:27 | カテゴリ:キャラ紹介
たぶんキャラ紹介だが何、気にすることはない。

CAUTION!

・この記事には自己満足の為に描いた絵が何枚か貼られているが何、気にすることはない。

・全てケータイのカメラで撮ったものだが取り方が下手なので色々台無しになってるが何、気にすることはない。

・半分くらい切れてるがクリックしたら全体が表示されるので何、気にすることはない。

・できる限りECO内の格好に準拠するよう気をつけたが、それでも無視ってる部分があるが何、気にすることはない

・よってそのような絵に嫌悪感を持つような人は見ないことを勧めるが何、気にすることはない。

・絵に対する批判、罵倒等をコメに書いても別にいいがコメ欄自体消しちまったので何、気にする必要がない。

・というかそんなに上手い絵が見たいなら他所へ行けと思うが何、気にしないでいただきたい。

・以上のことと「はじめに」に書いてあることを踏まえたなら先に進めばいいが何、気にすることはない。

・キャラ紹介


一匹目


DSC_0048.jpg


名前:ニユ

種族:エミル 
性別:♀ 
職業:酒場のバイト 
年齢:たぶん15か16辺り 
身長体重:161cm/50kg
戦闘スタイル:無し
趣味:買い食い
得意スポーツ:野球(とはいえそこまで上手くない)
好きな食べ物:イカ天、バタークッキー
大切なもの:髪留め
嫌いなもの:面倒なこと全般、退屈、爪の長い人。


・その他設定
マイマイ島にいるところを拾われて何だかわからないうちに酒場の店長に引き取られたエミル。
大人しそうな外見だが蓋を開ければ喫煙上等、仕事は投げ捨てるもの、な不良気味の少女。性格も中々に考えなし。
今のところ出身地不明、身寄り不明、とりあえず不明な人。さらに本人が知ろうともしないため明らかになるのはいつになるか…。









二匹目


DSC_0049.jpg


名前:アステガ

種族:ドミニオン? 
性別:♂ 
職業:チンピラ
年齢:不詳 
身長体重:183cm/63kg
戦闘スタイル:暴力+阿月の記憶
趣味:無し
得意スポーツ:無し(ルールのある競技はなにをやってもダメ)
好きな食べ物:カレー
大切なもの:無し
嫌いなもの:五月蠅いもの、馴れ馴れしい人。


・その他設定
気づいたらアクロニアの林に寝ていた記憶喪失の剣士。
無礼な上無愛想であるが少なくとも粗暴ではない(と思う)。非常に内気。まともに話をするのはヴェイグくらい。
街をうろついていたらヴェイグやユリアに拾われる。これは元々ヴェイグ達に何か企みがあってのことだった様子。
トンカ島に起こっている異変の真相を知った彼が行く道はどっちだ。
突然謎の情報が頭にぶち込まれたりすることがあるが、何故なのかは不明。さらにそれは手動でも行える様子。
記憶を取り戻したと本人は言うが…?









三匹目


DSC_0050.jpg


名前:モトカ=サクマ

種族:エミル 
性別:♂
職業:エクスプローラー
年齢:18 
身長体重:177cm/63kg
戦闘スタイル:我流CQC、その他投げナイフや鞭等も駆使する
趣味:考え事
得意スポーツ:マラソン
好きな食べ物:卵料理
大切なもの:ルキオから貰った短剣
嫌いなもの:不自由、痛み、床を高速で這いまわる小さい生物。


・その他設定
元はどこにでもいるエミルの少年だったのだが、数年前家族旅行中に乗っていた飛空庭が墜落。両親が亡くなり、それ以来ルキオに拾われ世界を旅する冒険者となる。
レザシア達との交戦を経た後、アイアンサウス国へ避難しようとしたのだがその途中またもレザシアの襲撃に遭い、飛空庭ごと撃墜され失敗に終わる。その後ルキオの説得(というか脅し?)に応じる形でトンカへと逆戻りする。彼のバイト生活はまだ終わりそうにない。
本人は平穏を好む好青年()でありたいと望んでいる……ようだが自分から知り合いの事情に口出ししてはその望みを木端微塵に粉砕することが多い。周囲の環境と間が悪い。









四匹目


DSC_0051.jpg


名前:レザシア=サロメ

種族:ドミニオン 
性別:♀
職業:殺人犯
年齢:20 
身長体重:172cm/58kg
戦闘スタイル:闇属性魔法、割と基本に忠実な剣術
趣味:ポエム、ポージング、トランプタワー等暇潰し
得意スポーツ:無し
好きな食べ物:無し(好き嫌いが無い)
大切なもの:里を出る際手にした短剣、自分
嫌いなもの:人間


・その他設定
ドミニオン界のある里にて育った女性。
殺しの技術を磨くことに飽きて里を出たのと、その際何人か殺したせいで処刑されそうになるが、プッツンしたために逆に里の人間を皆殺しにする。
たぶんくるっとる。行動言動の大体が無茶苦茶。
現在は指導者、護衛者らにすすんで協力し、トンカ島で毎夜人殺しに励んでいる。









五匹目


DSC_0052.jpg



名前:プルミエンデ

種族:ドミニオン? 
性別:♀?
職業:無し
年齢:0歳 
身長体重:149cm/30kg
戦闘スタイル:?
趣味:無し
得意スポーツ:やったことがない
好きな食べ物:無し
大切なもの:無し
嫌いなもの:無し


・その他設定
指導者が最後の詰めに、と用意した人形に命を吹き込んだもの。周りの人間を強制的に憑依させる能力を持つ。
指導者達の住処を脱出し、トンカ島に出現する。
臆病。初対面の相手に対しても怯えて接するタイプ。うちで犯罪の被害に遭いそうなキャラ第一位。事実ニユには一度拉致されている。
僕っ娘。
完全に予断だがコイツ一人だけBMIがハンパない。ローレル指数ですらやせすぎと判定が出るほど。流石人形と呼ばれてるだけある。いや、正直褒められたことではないのだけど。









六匹目


DSC_0057.jpg


名前:ルキオ=エナウィ

種族:エミル 
性別:♀
職業:浮浪sy旅人
年齢:永遠の17歳(本人談) 
身長体重:秘密です
戦闘スタイル:?
趣味:露店巡り、お絵かき
得意スポーツ:セパタクロー(本人談、冗談の可能性あり)
好きな食べ物:餅、カステラ
大切なもの:仲間
嫌いなもの:後悔


・その他設定
謎の女性。モトカが冒険者になったのはこいつのせい。
その他にもいろいろとモトカを振り回しているようで、彼が不幸になるときもだいたいはこいつのせい。
考えなしなのか裏があるのか。
護衛者その他の目的やキカイ文明滅亡の真実を知っている辺り、ただ者ではないようだが…?








七匹目


DSC_0056.jpg


名前:ヴェイグ=ロードレスロゥド

種族:タイタニア 
性別:♂
職業:無職
年齢:2,30代に見える 
身長体重:188cm/79kg
戦闘スタイル:?
趣味:読書
得意スポーツ:卓球
好きな食べ物:ツナサンド
大切なもの:ユリア
嫌いなもの:壊れかけの物(見るとゾッとするらしい)


・その他設定
落ち着きがあるように見えるがその実若者をからかって楽しむのが好きなオッサン。
その性格から何かと進行役をやらされがち。
以前はユリアと仕事(商売関係らしい?)しながら旅をしていた。
アステガの正体を知る人物。そしてルキオやユリアの同類。
CV:檜○ではない。フォ○スなんて持っていない。ク○ア○レア叫んだりしない。









八匹目


DSC_0055.jpg


名前:ユリア

種族:タイタニア 
性別:♀
職業:無し
年齢:10,11歳くらいに見える。
身長体重:128cm/24kg
戦闘スタイル:?
趣味:独り遊び
得意スポーツ:無し
好きな食べ物:シチュー、鮭フレーク
大切なもの:阿月、ヴェイグ、昔つけていた日記
嫌いなもの:アステガ、ニユ、護衛者、指導者、救世主、意思が揺らいできた自分自身


・その他設定
謎の子供。
普段は無口で何も喋らないが、実際にはとても口が悪い。頗る悪い。
傷を負ってもすぐに再生する体を持っている。
今の彼女らの生活はこいつが街をふらついているアステガに突然懐いたのがきっかけで成り立った。尤もそれは芝居だったようだが。
ルキオ達と行動を共にしていながら何やら険悪な態度をとっていたり、アステガのことを消したがっていたり、レザシアのことを木偶と罵るなど立場がどうにも判りにくい。
キグ○スに乗ってたりしない。あの空に虹をかけたりしない。南斗最後の将でもない。
SSでは他のキャラと同じくらいの大きさだが、そこはまあお察し。脳内補完でお願いします。








九匹目


DSC_0053.jpg


名前:ピスティス

種族:エミル 
性別:♂
仕事:護衛者
年齢:不詳 
身長体重:174cm/67kg
戦闘スタイル:無し(自身が闘うことが無い)
趣味:寝ること
得意スポーツ:狩猟
好きな食べ物:肉
大切なもの:面白いこと
嫌いなもの:つまらないこと


・その他設定
トンカ島にて殺人を行っているグループの一人。
妙なアクセントとオカマ口調使いという濃いキャラだが、何故か目立つことはあまり無い。
思ったことはズバズバ言うタイプの人間で、たまに妙なボケをかますレザシアの突っ込み役になっている。
ルキオ達とは昔馴染みだった様子。正直敵対しているのか仲がいいのかわからん。
なんか小物臭がするのは気のせいだろう、きっと。

・護衛者の能力についての解説
護衛者とは地球に眠る死者の魂を操る能力を星から譲り受けた人間のこと。何故そう呼ばれているのかは不明、地球を護る者という意味なのか。事実、彼一人さえいれば人間の管理は問題なく可能である。
その魂を他者に憑依させることで対象の遠隔操作が可能。但し、幾つかの条件をクリアする必要がある。

1つ目、護衛者自身がエミル界の地球に近い場所に存在していること。
2つ目、通常の憑依と同じ時間をかけること。
3つ目、元から憑依が不可能な対象でないこと。簡単に言えば対象が人間または憑依可能な装備であること。また、護衛者自身がそれを正しく認識していること。

条件ではないが、もし対象が宿主であり憑依している魂が彼の操るそれと同じ「死者」であった場合(背後霊とか守護霊とか)この能力の使用は困難になる。また、もしその魂が現世に何らかの未練を残している場合よりNG。(逆を言えば通常の憑依程度であれば剥がして上書きが可能。)
存在がチート。
また、他にも魂を見るだけで誰なのか判別できたり、どれだけの魂が人間に憑依しているのかが見ただけで分かるといった特殊能力も有している。









十匹目


名前:テオス

種族:エミル
性別:♀ 
職業:指導者 
年齢:不詳
身長体重:161cm/50kg
戦闘スタイル:無し
趣味:ニユを眺めること
得意スポーツ:無し
好きな食べ物:きな粉
大切なもの:名前
嫌いなもの:アステガ


・その他設定
ピスティスやレザシアに指導者と呼ばれる人物。トンカ島にて(彼女は直接関わってはいないが)殺人を行っているグループの一人。
ニユと同じ顔でニユのことを姉と呼ぶ。
シスコン。シスコン。

・指導者の能力についての解説
???








+α


DSC_0058.jpg


名前:シンヤ

種族:ネコマタ 
性別:♀
仕事:アステガに憑いていって吹っ飛ばされること
年齢:不詳 
身長体重:不明


・その他設定
カット













上記の紹介は予告なく変更、追加等することがあります。
スポンサーサイト
トラックバックURL
→http://2coohcooh.blog20.fc2.com/tb.php/21-77c41782